About digitworks

This author has not yet filled in any details.
So far digitworks has created 56 blog entries.

生産管理業務フローとは

生産管理業務フローとは、大枠でいうと「受注管理」「生産計画の作成」「生産指示」「出庫指示」「購入品手配計画」「製造進捗管理」「出荷管理」の事を示す。 「受注管理」とは営業が顧客から受注してきた注文の管理を行う業務のこと。次にこの注文に基づき「生産計画の作成」がされる。生産計画をもとにした「生産指示」がされ製造が開始される。製造の場合は、製品外注などのための「出庫指示」が必要となり、購入などの場合は「購入品手配計画」が必要となる。進捗の具合を統制する必要があるので「製造進捗管理」を行いながら余力管理、現品管理、資料管理を行う。最後に完成した商品を倉庫に出荷して受注の納期に基づいた「出荷管理」を行う。これが、生産管理業務フローになります。

生産管理業務フローとは2019-02-11T16:45:19+09:00

生産進捗管理とは

生産進捗管理(せいさんしんちょくかんり)とは、作業の進行状況を把握し、完了までの作業量及び作業期間を調整する活動のこと。 製造業の基本であり、生産管理の管理目標であるQCD(品質、コスト、納期)のうち、Qを対象とするのが品質管理であり、Cを対象とするのが原価管理である。Dつまり納期を対象とし、これを守ることが生産進捗管理の目標である。日程計画に対して現状の進み具合を照らし合わせ、残りの作業期間や作業量をチェックし、生産が遅れている場合は対策を講じて遅れを取り戻す。納期の厳守のため作業を計画より先行して行うと、仕掛在庫(製造過程にあり製品としては完成していないもの)が増加し原価を圧迫する恐れがあるので、仕掛在庫を少なくするために作業量、作業時期をコントロールする必要がある。 これらを完了するまで繰り返すのが進捗管理である。

生産進捗管理とは2019-02-11T16:45:19+09:00

生産実績とは

生産実績(せいさんじっせき)英語ではactual productionと言う。 生産実績とは、製造業などで、通常は会計期間中に会社の製品を生産した実績である。製品の製造原価を品目別に記載するもので、例えば、自動車メーカーなら、乗用車の生産実績や、車種別の生産実績などであり、台数であったり、金額であったりする。 よく似た言葉で販売実績(はんばいじっせき:sales performance )があるが、販売実績は会計期間中に販売した金額を記載するものであり、生産実績と販売実績とは異なる。製造したものが全て売れるとは限らず、生産実績から売れ残った数だけ差がでる。(残ったものは棚卸資産として貸借対照表に表示される。) 現在は、生産実績・販売実績ともに金額の表示しかしないが、数年前までは数量も表示していた。

生産実績とは2019-02-11T16:45:19+09:00

受発注管理とは

受発注管理(じゅはっちゅうかんり)とは、取引において注文を出したり受けたりする作業を取り仕切ること。 品物や仕事の注文を受けることをいう「受注」。注文を出すことで、品物や仕事の依頼をすることをいう「発注」。この2つの言葉を組合わせて「受発注」といい、商売の始まりである受注が、その後様々な業務の発端になる。 「ある商品に注文が入った」ということは、その商品の在庫が今後減ることになり、その商品を新たに発注しなければならないことになる。その受注に関する入金期日や売れた金額は、資金繰りを考える上で重要となる。受注を管理することは、同時に、発注を管理することである。受注によって発注するタイミングや数量が左右される。それらは品切れを起こさいための管理や、過剰な在庫を抱えないための発注にもつながる。

受発注管理とは2019-02-11T16:45:19+09:00

生産マネジメントとは

生産マネジメントとは、製造業などモノづくりにおいて骨格にあたるシステム全体を言う。 ヒト・設備・材料を活用して、生産性を最もよいものにするため、生産プラン、スケジュール、在庫、コスト、品質、安全、サプライチェーンなど個々の部門を統括・管理することで合理的かつ効率的な仕事の流れを作るサポートをするものである。 よい生産マネジメントとは、言い方を変えれば生産に置いてその仕組みやシステムを効率化することにより最小限のインプットで最大限の付加価値を付けたアウトプットをなし得るようにする。しかも、現場の作業工程が過酷化せず、たゆまぬ技術進化の中でも対応できるゆとりを持ったものであることが不可欠である。そのためには、複雑に絡み合うプロセスや資源、材料、作業、スペースなどどれも熟知・把握をしている人間を投入することにある。

生産マネジメントとは2019-02-11T16:45:20+09:00

製造計画とは

製造計画(せいぞうけいかく)は、製品の機能のセットの明確化および連結市場の要件の進行中のプロセスである。これは価格と配布、プロモーションについての決定のための基礎として役立つ。製造計画は、製品が市場に導入されるまであいだに、製品アイデアを作成し、やり抜くことのプロセスである。さらにこの計画の中には、製品が販売されないといけないので、小さい会社はその製品のための出口戦略・次善の計画を持っていなければならない。またこの計画には、製品拡張または改良や、広がった流通網、価格変化、プロモーションを含む様々なマーケティング戦略を使って製品を管理することが最初から最後まで必要である。次のような段階を踏む。まず製品のコンセプト開発し、次に市場を研究し、そして市場調査、確信が得られると製品の販売、最後に製品のライフサイクルを見極める。

製造計画とは2019-02-11T16:45:20+09:00

生産計画表とは

生産管理表(せいさんかんりひょう)とは、経営計画や販売計画にそって生産活動の合理化や効率化を行うために作られる表である。 工程管理だけでなく、製造・生産計画・入出荷・在庫管理まで全体を網羅する管理業務を効率的に行うため、業態に応じた表が使用される。生産のための原材料の仕入れ、倉庫管理(在庫管理や設備・備品管理)、品質管理、原価管理なども取り扱う。 生産計画は3つの期間の視点から考える。 まず、「大日程計画」において、中期的な生産計画を立てる。これは毎月作成する。 次に、「中日程計画」で週または日ごとの生産する製品の種類と数量を決める。 最後に、「小日程計画」で中日程計画に基づいた週間計画を立て、時間または日ごとの予定表を作成する。 生産計画は、生産数量や納期を保障し、工場の稼働率を維持し、原材料の購入・在庫量の適正化のため必要であり、効果的な管理表の作成が重要となる。

生産計画表とは2019-02-11T16:45:20+09:00

生産スケジューラとは

生産スケジューラとは、その名の通り生産スケジュールを管理するソフトウェアである。 製品を製造するためには、製品生産の依頼を受注し、設計、製造という工程がある。しかし、生産には資源や設備が必要であり、これらがなくなってしまったり、あるいは他の製品を製造することに用いられている場合は生産がストップしてしまう。この生産がストップしてしまう事態を回避・低減させるために必要とされるのが生産スケジューラである。 コンピュータ上のソフトウェアであり、資源や設備というリソースを効率よく配置すること、あるいはその計画を立てることができる。精度の高い計画を立てたい場合はリソース・スケジュールなどの情報を細かく設定することによって実現できる。なお、生産スケジュールを立てる際の中心的な表現方法はガントチャートで表現される。

生産スケジューラとは2019-02-11T16:45:20+09:00

発注管理とは

発注業務に関しては以下のような「作業」になりこれらを管理する。 【購買依頼書の作成】 在庫管理部門からの補充が必要な物品の購買のための書類で「作成日」「依頼番号」「目的」「商品」「納入場所」「納期」等が記載される。 【仕入先の選定】 仕入先を選定する必要がある。確認する項目としては「納期」「発注数量」「発注ロット」「価格」などである。 【注文書の作成】 選定した仕入先ごとに注文書を作成する。注文書は「発注日」「発注番号」「納入場所」「納期」「商品」「金額」などの項目がある。 また、発注方式には以下の方法がある。 【定期発注方式】 【定量発注方式】 【定期定量混合方式】 【簡易発注方式】簡易発注方式には「ダブルビン方式」「定量維持方式(補充方式)」などがある。 【その他の発注方式】その他の発注方式は「不定量不定期発注方式」「同期化発注方式」「分納発注方式」などである。

発注管理とは2019-02-11T16:45:20+09:00

倉庫管理とは

倉庫管理(そうこかんり)とは、倉庫の中のどこに何があるのかを分かりやすくする現品管理と入出荷作業を指す言葉である。 倉庫で実際の在庫を管理する際、基本となるのは5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を徹底する必要がある。 整理は、「必要なもの」だけを残して「不要なもの」を捨てること。 整頓は、必要なものをすぐに取り出すことができるように保管場所を決めておくこと。 清掃は、ゴミを捨て、汚れを落とすこと。また点検することも含める。 清潔は、清掃したゴミも汚れもない状態を維持すること。 しつけは、整理・整頓・清掃・清潔を習慣とすること。 これら5Sを守ることによって、無駄なスペースを削減して管理が単純になり、在庫の入出荷が楽になる。そして、製品を保管する場所などをコンピュータに記録することでより効率的な倉庫管理をすることができる。入出荷のときにはデータ入力も不可欠である。

倉庫管理とは2019-02-11T16:45:20+09:00
Go to Top